プラントの施工管理の求人はどうやって選ぶ?新卒者と経験者の就活のコツは?


新卒者は採用後に満足のいく研修を受けられるか確認

プラントの施工管理をメインに担当できる求人に応募をするにあたっては、それぞれの企業が採用者に期待する能力や経験をよく理解することが重要です。特に、現場のエンジニアの数が少ないプラントでは、入社後すぐに責任のある業務を任されたり、長時間労働や残業を命じられたりすることもあるため、慎重に各社の事情を把握することが大事です。また、新卒でプラントの施工管理に関する仕事に携わりたい人は、採用後に悩まないように研修の内容や期間、指導方法といったポイントを押さえておきましょう。大手企業の中には、若手のエンジニアを養成するため、長期の研修期間を設けたり、個別の教育を強化したりしているところも珍しくなく、機械や電気などの理系分野を学んでいる多くの大学生から注目が集まっています。

経験者はキャリアを給料に反映してくれる企業を探そう

プラントの施工管理の経験が長い人や、マネージャーやリーダーなど管理職を担当したことがある人は、有利な条件で転職ができるケースが少なくありません。たとえば、ベテランのエンジニアの獲得に積極的なメーカーでは、中途採用者を対象に、経験年数を基本給や手当に反映しているところや、保有資格の種類に応じてポジションを決めたりしているところもあります。また、海外に生産拠点を置いているメーカーをはじめとして、現地のスタッフと上手くコミュニケーションが取れるよう、語学に長けたエンジニアの中途採用に力を入れているところも増えています。そうした中、キャリアを生かしてプラント内で仕事をしたい人は、中途採用の選考に向けて、企業ごとの採用条件や入社後に想定されるポジションなどをよく確かめておきましょう。

プラントの施工管理は、各設備が正常に動作するかを左右する重要な作業であり、熟練の技術者の力が必要とされています。